特集コンテンツ

2014.9.19

流通システム変革が進む2014年、効果が見えてきた流通BMS ー 2014年度 流通4団体合同「流通BMS活用推進説明会」

 流通システムの変革が進む中、流通BMSの普及率は確実に伸び、成果をあげる企業も増えてきた。その一方で、ネットスーパーの普及や消費税の軽減税率対応など、業界を取り巻く環境は絶えず変化している。出荷開始型メッセージの標準化や納品明細書の標準化など、新たな対応も求められている。そこで日本スーパーマーケッ...

2014.8.01

返品削減、廃棄ロス削減など第1期の集大成を発表 ~製・配・販連携協議会 総会/フォーラム~

 2014年7月4日に製・配・販連携協議会の2013年度の活動と成果を報告する総会とフォーラムが青山ダイヤモンドホール(東京都港区)で開催された。総会では「返品削減に向けた取り組み」「賞味期限の年月表示化」「商品情報授受の効率化」をテーマに3つのワーキンググループ(WG)が1年間かけて実施してきた活動の成果を...

2014.6.02

楽天の執行役員がビッグデータでEコマースの売上げを急伸させた秘策を公開 ――流通システム標準普及推進協議会 2014年度通常総会――

 毎年開催されている流通システム標準普及推進協議会の2014年度の総会が5月18日、ホテルフロラシオン青山(東京・港区)にて開催された。第1部総会では、13年度の事業報告と14年度の事業計画、さらに運営委員の選任について議事を行った。  第2部の特別講演会では、楽天執行役員の森正弥氏が、同社のロングテール戦略...

2014.2.24

2013年度 流通BMS普及推進説明会-標準順守を推進し、新たな標準化へ-

 流通BMSの認知度は確実に高まり、導入も順調に進んでいるが「標準外利用」という新たな課題も見えてきた。そこで、流通BMS協議会では、2014年1月31日の東京を皮切りに、名古屋、大阪の3都市において、流通BMS普及推進説明会を開催。「標準順守を推進し、新たな標準化へ」と題して、流通BMSの最新普及状況の報告、標準...

2013.11.21

日本加工食品卸協会 2013年度情報システム研修会

 日本加工食品卸協会(日食協)は、加工食品流通の近代化・効率化に関する調査研究などを通じて、加工食品の安定供給と国民生活の向上への貢献を目指している。10月25日に開催した会員企業による情報システム研修会では、流通BMS普及の進捗状況、製・配・販連携協議会の活動状況、卸事業者向けのマスター管理システム、...