【インテック】 第3弾 : 中小企業にも取り組める流通BMSソリューション

2010.4.01

株式会社HBA
執行役員
情報システム本部長

神川正夫 氏(株式会社ヘリオス 取締役)

神川正夫 氏(株式会社ヘリオス 取締役)

記事概要イメージ画像

 大手小売業を中心に普及が進む流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)だが、さらなる普及拡大のためにカギを握るのが中小企業の存在。ITの知識や技術といった情報リテラシーをはじめ、かけられるコストに大きな差がある中小企業に対してどのように浸透させていくかという課題が残る。

 そこで今回は、北海道を拠点に流通VAN、EDI(電子データ交換)などの事業を幅広く提供するHBAの執行役員・神川正夫氏に、インテックと協力して展開している中小企業に向けた流通BMS対応サービスの取り組みについて聞いた。

全国を対象に流通VANサービスを幅広く展開

 HBAは1964年に創業。基幹業務システムの構築からシステム全体の運用・保守にいたるアウトソーシングまでの総合的なサービスを提供し、北海道のIT産業を牽引してきた。流通分野においては、VANサービスをコアに、北海道をはじめ、全国の小売業・卸売業、LPガス販売業など、幅広い業態の特徴に対応したソリューションを提供している。
 また、道内卸売業者の協同化事業として発足した株式会社ヘリオスを通じて、国内最大規模の地域流通VANサービスを展開している。

 

プロトコルを意識する必要なく、容易な操作性で中小企業がすぐに利用できるサービスを実現

 HBAが提供する「Hi-PARKS」は、主に中小の卸売業やメーカーに向けて、低コストで利用できるようにしたWeb-EDIサービス。 2001年よりサービスを開始し、流通業・製造業・物流業など幅広い業種・業態で全国600社以上の導入実績を持ち、既に流通BMSにも対応している。

 

 その特徴は、初期導入費用は5万円からと低コストで、容易に導入が可能という点だ。ハードウエアやシステム開発の初期投資を必要とせず、月額費用だけで利用できる点は大きい。また、アパレル業など、毎日取引を行っているわけではない業態に対しては、利用のない月には月額サービス料を不要とするなど、配慮している。

 

 「Hi-PARKSは、主に中小企業の利用を想定したサービスですから、低コストで早期にEDIが利用できるSaaSソリューシュンとして提供しています。インターネットに接続できるパソコンがあれば利用でき、何より容易に導入可能で、ブラウザ上の操作だけで伝票発行や事前出荷データの送信、請求業務などを行うことができます」と神川氏は説明する。

 

 Hi-PARKSは、流通BMSをはじめ、ツルハ、コープさっぽろといった道内の大手小売業に加え、コープ九州事業連合などのシステムにも対応。発注者ごとに異なるEOSやEDIのデータ形式をHi-PARKSがプロトコル変換するため、受注者側であるHi-PARKSの利用者は、プロトコルの違いを一切意識することなく、データ受信が可能となる。

 

 また、Hi-PARKSは操作性も高く評価されているという。流通BMSに限らず、EDI化の促進においては、中小企業側がクリアしなければならない技術的なハードルも高い。いくら多機能なサービスを盛り込んでも、使い勝手が悪ければ、決して利用の拡大は望めない。

 

 神川氏は「Hi-PARKSを提供してきた長年の経験から、インターフェースは利用者の要望を反映させて改良を重ねました。簡単な設定と一時間程度の説明を受けるだけで、すぐに使い始めることができるようにしています」と語る。

 

 例えば、本日の作業状況画面を見れば、未処理分受注データ等の件数が分かるため、現時点での作業状況を把握し、処理しなければならない作業を一目で確認できるようにしている。こうした工夫により、サポートに手間をかけずに済むため、ユーザーへの低コストのサービス提供に繋がっている。