【SCSK】ファミリーストアさとう タブレット(iPad)を使ったスマクラを導入し 増大していた手書き伝票の入力を8割削減 Page4

2014.2.07

株式会社ファミリーストアさとう
代表取締役 社長

佐藤 祐介 氏

佐藤 祐介 氏

記事概要イメージ画像

 岐阜県高山市で5店舗の食品スーパーを展開するファミリーストアさとう。地域に愛されるご当地スーパーとして飛騨の特産品を数多く揃え、地元住民の食生活を支えている。同社はそれまでほとんどの受発注を手書き伝票で行ってきたが、新店舗の出店で入力作業に限界を感じた。
 そこで、2013年よりスマクラの導入を開始し、流通BMSへの切り替えを進めている。スマクラ導入に至る経緯と今後の取り組みについて、代表取締役社長の佐藤祐介氏に話を聞いた。また、サービスの提供事業者であるSCSKの江南哲氏には、その概要について語ってもらった。

出荷始まりの伝票形態を、iPadを使って簡易的に実現

 今回のファミリーストアさとうにおけるEDI化のポイントは、それまでのEOS発注以外のFAXや電話によるオフライン発注をすべて「出荷始まり」のEDI形態としてデータ化したことにある。メーカーや卸売事業者が出荷データを入力し、流通BMSのフォーマットでデータを交換するというものだ。本来は発注始まりが基本の流通BMSだが、同社のようなスーパーの場合、出荷始まりとすることで課題が解消することがある。その最たる例が、ルートセールス型のEDIであり、店頭でiPadから入力してデータ化すること伝票の削減が実現し、後段の業務は一気に効率化されるのだ。

 

 SCSKの江南氏は「流通BMSが目指す目標の1つに、ペーパーレス化推進があるが、出荷始まりの紙伝票の運用を、iPadを使ってのデータ化により、紙伝票の廃止を簡易的に実現するのがファミリーストアさとう様の仕組みです。機動力のあるタブレットを使って簡単に入力できるようにしたことが最大のポイントです」と語る。

 

 店頭納品の標準化が実現したことで、今後新たにルートセールスの取引先が増えたり、取引先の担当者が変わったりしたとしても、新たな負担が発生することもない。また、店舗に構築した無線LAN環境を活用して、スーパー側もモバイルデバイスを使ったお客様サービスを提供していく新たな可能性も見えてきた。

 

 

 

地域未着型スーパーマーケットのEDI化はスマクラが支援

 07年に公開されてから順調に普及が進んでいるように見える流通BMSだが、それまでは体制に恵まれている大手・中堅のスーパーの導入がほとんどだった。店舗数では圧倒的に多い売上高100億円規模のスーパーや、地方のスーパーが流通BMSを導入している実績は残念ながらさほど多くない。ファミリーストアさとうのように、手書き伝票が依然として残っているほか、ルートセールス型の納品形態を採用しているケースも地方ほどよく見られる。こうした状況を見て江南氏は「流通BMS普及のカギは、小規模のスーパーにかかっています。EDIの導入を成功させるポイントは、目標を明確に定めることです。ファミリーストアさとう様は、伝票を減らしたいという大きな目的があったからこそ実現できたのです」と述べている。

 

 とはいえ、いざ流通BMSを導入しようとしても、どのようにしていいかわからないといった問題や、導入の体制が作れないといった悩みは、地方のスーパーほど大きくなる。そうした中で、スマクラのメリットは、パッケージソフトだけでは巻き取れない流通区分などの不足項目を吸収できることにある。しかもクラウドサービスとして提供するため、コストもかからず、導入の負担もかからない。

導入体制についても、スマクラでは大がかりな「部門」という考え方ではなく、役割を「人」に割りあてることで、大きな体制を作れない中小スーパーの問題を解消。そして、SCSKが情報システム部の一員であるかのごとく、基幹システムのベンダーとの打ち合わせを進めたり、取引先説明会に向けてわかりやすい資料を作成したりと、導入を全面的に支援することができる。

 

 江南氏は最後に「SCSKでは今回、ファミリーストアさとう様への支援と通して、中小のスーパーならでのノウハウを多く学ばせていただき、非常に感謝しています。今後は今回のプロジェクトで学んだことを生かしながら、全国各地のご当地スーパーに向けて、現実的な対応で流通BMSの導入を支援していきます」と語った。

 

 

記事中で紹介しているサービスの詳細およびその他の導入事例は下記で閲覧が可能です。

 ファミリーストアさとう ホームページ

 ファミリーストアさとう ネットショップ 飛騨高山さとう

 スマクラ ホームページ

 サミット事例紹介

 セイミヤ事例紹介

 与野フードセンター

 

記事中で紹介している協力会社のソリューションは下記で閲覧が可能です。

 株式会社寺岡精工

 株式会社ブルーチップ