導入事例

2009.1.01

【近商ストア】 流通BMSの導入で手書き伝票を廃止し自動発注を実現

 株式会社近商ストアは、昭和28年に設立、近畿日本鉄道(近鉄)グループに属する総合スーパーチェーンだ。日本の私鉄の中で最長の営業路線を誇る近鉄沿線(大阪、奈良、京都)を中心に、総合スーパーや食品スーパーなど44店舗を展開、売上高は624億円(2007年度)である。  近商ストアでは、スーパー業界で次世代の...

2008.12.03

【シジシージャパン】 CGCグループ共通インフラとして推進

 全国の中堅・中小スーパーマーケットが加盟するCGC(Co-operative Grocer Chain)が、「流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)」をグループの新たなEDI(電子データ交換)標準に採用した。本部であるシジシージャパンでは、加盟社や取引先に積極的な導入を呼びかけている。同社ビジネスサポート事業部の草留正樹氏に...

2008.12.02

【伊藤忠食品】 サーバ・サーバ間のプッシュ型通信で発注データの即時受信が実現

 伊藤忠食品株式会社は、酒類・食品の卸売を主要事業とする総合商社だ。伊藤忠グループの一員として、酒類・食品の卸売とそれに伴う商品の保管、運送ならびに各種商品の情報提供、商品流通に関するマーチャンダイジング等を主とした事業活動を展開している。

2008.12.01

【西鉄ストア】 新物流センターのかどうと新物流システムの構築で物流業務を一気に効率化

 株式会社西鉄ストアは、福岡県で鉄道事業を展開している西日本鉄道株式会社の100%出資によるスーパーマーケットだ。現在、福岡県に38店舗、佐賀県に1店舗の計39店舗を展開するほか、衣料品専門店、ホームセンター、西日本鉄道駅での売店なども運営している。

流通BMS 導入済/予定 公開企業名紹介