新着記事

2020.11.10 NEW

「小売業の23年/24年問題」の解決に向け卸売業界が緊急提言 ~流通BMS対応要請座談会を開催~

 19年度は消費税率10%への引き上げにともなう「軽減税率制度」が実施され、流通業界は対応に追われた。一息つく暇もなく、23年10月には「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」への対応が迫られ、24年のISDN廃止も近づいている。  これらの対応に向け、流通BMSの普及が課題となっているが、中小の事業者を中心に...

サムネイル画像

特集コンテンツ

2020.11.09 NEW

地方の中小の小売事業者の流通BMS普及状況は? 宮崎県を拠点にEDI事業を展開する「ひむか流通ネットワーク」が解説

 新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない状況が続く中、流通業界ではさまざまなイベントが控えている。19年10月の消費税軽減税率対応は記憶に新しいが、23年10月に導入されるインボイス制度への対応が迫ってきた。21年1月からは25年1月のISDN廃止に備えた公衆交換電話網のIP網への移行が始まる。  流通BMSへの移...

サムネイル画像

インタビュー

2020.10.09

インボイス制度の「登録番号」、申請はe-Taxで!  ~国税庁のキーマンに訊く~(パート3)

 これまで、「インボイス制度におけるシステム対応はどうすれば良いか」と題し、2回にわたって、インボイス制度におけるシステム対応の基本的な考え方から注意すべきポイントの詳細について説明してきた。  今回は、2023年10月1日のインボイス制度の導入に先立ち、2021年10月1日より開始されるインボ...

サムネイル画像

インタビュー

2020.7.20

急増する「サプライチェーン攻撃」で取引停止の危機 セキュリティ対策に有効な電子証明書で万全の対策を

 INS回線の終息に向けてインターネットEDIへの切り替えが加速しているが、インターネット化に向けてクローズアップされているのがセキュリティ対策だ。特に最近はサプライチェーンの弱点を狙った「サプライチェーン攻撃」が急増中だ。これはセキュリティ対策の甘い取引先をターゲットにサイバー攻撃を行い、そこを踏み...

サムネイル画像

クローズアップ

注目!

インターネットEDIに求められるセキュリティ 電子証明書の活用で情報漏洩のリスクが一気に軽減

 24年1月のINS回線の終息に向けて始まったカウントダウン。中小の小売事業者を中心にインターネットEDIへの切り替えが加速しているが、見落とされているのがセキュリティだ。インターネット化することで、従来の...

インボイス制度におけるシステム対応はどうすれば良いか  ~国税庁のキーマンに訊く~(パート2)

 2019年10月より消費税の税率が10%に引き上げられ、これに合わせて酒類と外食を除く飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率が導入された。次に控えているのが、4年後の2023年10月に導入される適格請求書等保存...

急務であるEDIシステム更改の負担を軽減する解決策

 24年のISDNディジタル通信モードの廃止を見据えて、企業のEDIシステムの更改を検討する動きが本格化してきた。EDIシステムの更改は各接続先と歩調を合わせる必要があり、接続先が多いほど時間と手間がかかる。...

「固定電話網のIP網移行」と「全銀EDIシステム」への対応に向けて今やるべきこととは

 企業間電子商取引(EDI)では、18年から23年の5年間で大きなターニングポイントを迎える。その代表的なイベントが、「固定電話網のIP網」への移行と、「全銀EDIシステム」をはじめとする金融の経理・決済業務の...