新着記事

2014.9.19 NEW

流通システム変革が進む2014年、効果が見えてきた流通BMS ー 2014年度 流通4団体合同「流通BMS活用推進説明会」

 流通システムの変革が進む中、流通BMSの普及率は確実に伸び、成果をあげる企業も増えてきた。その一方で、ネットスーパーの普及や消費税の軽減税率対応など、業界を取り巻く環境は絶えず変化している。出荷開始型メッセージの標準化や納品明細書の標準化など、新たな対応も求められている。そこで日本スーパーマーケッ...

サムネイル画像

特集コンテンツ

2014.8.01

返品削減、廃棄ロス削減など第1期の集大成を発表 ~製・配・販連携協議会 総会/フォーラム~

 2014年7月4日に製・配・販連携協議会の2013年度の活動と成果を報告する総会とフォーラムが青山ダイヤモンドホール(東京都港区)で開催された。総会では「返品削減に向けた取り組み」「賞味期限の年月表示化」「商品情報授受の効率化」をテーマに3つのワーキンググループ(WG)が1年間かけて実施してきた活動の成果を...

サムネイル画像

特集コンテンツ

2014.6.24

ドラッグストア業界のリーディングカンパニーであるマツモトキヨシホールディングスが目指す、流通BMSを基盤とした新たなサプライチェーン戦略とは

 ドラッグストア業界で売上高ナンバー1(日経MJ 2012年度日本の専門店調査)のマツモトキヨシホールディングスは基幹システムの更新を機に、2012年から流通BMSへの取り組みを開始。13年1月から仕入額の約60%に相当する取引先と、流通BMSによるデータ交換を開始している。一方でドラッグストア業界全体を見ると、流通...

サムネイル画像

インタビュー

2014.6.02

楽天の執行役員がビッグデータでEコマースの売上げを急伸させた秘策を公開 ――流通システム標準普及推進協議会 2014年度通常総会――

 毎年開催されている流通システム標準普及推進協議会の2014年度の総会が5月18日、ホテルフロラシオン青山(東京・港区)にて開催された。第1部総会では、13年度の事業報告と14年度の事業計画、さらに運営委員の選任について議事を行った。  第2部の特別講演会では、楽天執行役員の森正弥氏が、同社のロングテール戦略...

サムネイル画像

特集コンテンツ

注目!

【日立製作所】第12弾 サプライチェーン全体で物流改革実現。「HITLUSTER」

 本格的な普及段階に突入している流通BMS。その導入で実現する業務プロセスの効率化で非常に重要なのは物流改革だ。流通BMSに関するソリューション群を多数用意し、小売業・卸売業の流通業務効率化で豊富な実績...

【髙島屋】 基幹システム更改のタイミングで流通BMS導入  全店舗の在庫情報、リアルタイムに把握

 日本を代表する老舗百貨店の髙島屋は、経済産業省が主導する流通BMSの共同実証に2006年から参画。09年3月に「流通BMS百貨店Ver1.0」がリリースされたのを機に、流通BMSによるデータ交換を開始した。以後、流通B...

【インテック】第4弾 : 流通BMS対応メッセージを物流要件に合わせて自動修正

 受発注業務の効率化に注目が集まりがちな流通BMSだが、メーカー・卸売業の物流現場では、ラベル発行や出荷業務の効率化が依然として進まない現実がある。そこに起因するのは、小売ごとに異なる発注メッセージや...

【西友】 取引先とWin-Winの関係を築くための経営基盤となる流通BMS

 「Saving people money so they can live better(お客様に低価格で価値あるお買物の機会を提供し、より豊かな生活を実現する)」をミッションに、全国で368(2011年12月現在)のスーパーマーケットを展開する...